オンライン麻雀世界選手権開催

 

 

オンライン麻雀世界選手権ってあるの知ってますか?

 

DORA麻雀で、麻雀世界選手権の予選がスタートしています。

 

予選の参加費用は$2.75で参加することが出来ます。

 

また、都合が合わず予選に参加できない方のためにも、
本選には$20の参加費用で参加することが出来るように
なっています!

 

賞金や賞品も豪華ですね。

 

 

 

・カジノ費用$1000
・マカオ最高級ホテル「グランドハイアットホテル」2泊
・マカオへの旅行費用
・麻雀世界チャンピオンの称号

 

と、称号と豪華景品が用意されている本大会。

 

麻雀の腕に自信がなくとも、参加してみる価値はあります。

 

「麻雀世界一だと・・・?」

 

「俺より強い奴はいねぇ」

 

と言う方も、いらっしゃるでしょう。

 

日本のオンライン麻雀と言えば、天鳳雀龍門丸雀などが
有名で、会員数もとても多いのですが賭けるのと賭けないの
違いはやっぱり大きいようです。

 

・現金勝負だからこその熱!
・世界一という称号を賭けた戦い!
・豪華景品をめぐる真剣勝負!

 

それがこのオンライン麻雀世界大会で

 

繰り広げられる真剣勝負です。

 

どんどん参加者が増えているようです。

 

私ですか?

 

もうちょっと強ければいいのですが、次回挑戦できるよう
腕を磨きます。

 

詳細は以下からご覧ください。

 

⇒オンライン麻雀世界選手権

 

 

ありがとうございました。

 

 

管理人 : どらぽん@casinot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DORA麻雀の攻略法

 

 

パチンコパチスロには、溢れるくらいの攻略方法が
攻略本として発売されていますね。

 

私はパチンコやパチスロをやったことはありますが、
せいぜい時間つぶし的にやったことがあるくらいで、
ほとんど素人です。

 

 

 

知り合いには、パチンコやパチスロの稼ぎで生活している
という人もいますが、何かしらの攻略法を持っていると
聞いたことがあります。

 

一時期は、フィーバーで当たれば100万以上出たという
話も聞きましたが、今は規制されてそれほどでもないようです。

 

 

とはいっても、十万以上の勝ち負けはザラといまだに聞きますし
とても私とは世界が違うと感じます。

 

DORA麻雀やってる私なんて、パチンコやパチスロからみれば
かわいいもんです。

 

 

 

 

ただ、私から見ればパチンコパチスロもカジノのルーレット
スロットなどのギャンブルと変わらない確率がすべてだと思うのですが、
やっぱり攻略法というのはあるんでしょうかね?

 

ところで、DORA麻雀の攻略法についてですが、結論から言うと

「DORA麻雀の攻略法はありません」

もしかしたらあるのかもしれませんが、あるとすれば
「麻雀の腕前」スキルが高いことではないでしょうか?

 

もちろんセンスとか経験や、”ヒキ”という目に見えない流れや運の要素が
まったくないとは言い切れないと思います。

 

また、今までの麻雀の経験による洞察力、流れを読む力などにより、
カバーできるところもおおきいでしょう。

 

でもハッキリ言ってマージャンの攻略法なんてものに頼っている時点で、
本物の強者麻雀打ちには通用しないでしょう。

 

攻略法がない、と聞いてガッカリしましたか?
でも、よく考えてみてください。

 

攻略法がないということは、

本当に”プレイヤーの麻雀の腕次第”であるということです。

 

純粋にアナタの腕が稼げるか稼げないかに直結します。

 

でも最近1つだけ、DORA麻雀の攻略法?らしきものを見つけました。

「教えろ!」ですか?

じゃあコレをご覧ください。

 

 

この画像を見ると、

 

プレイヤーのスクリーンネーム(登録時に決めたゲーム内での名前)
アバターがありますね。

 

対戦相手には、強者もいますが弱い人や初心者もいるわけです。

 

もうわかったと思いますが、このスクリーンネームアバター
メモして、勝てそうな相手がいる卓を選ぶんです。

 

ただし、相手も学習しますからいつまでも弱いとか初心者では
ないことは、肝に銘じておかないと痛い目を見るかもしれません。

 

ちょっと弱い者いじめみたいな話になりましたが、逆に言えば
強すぎる相手に、カモられないようにする方法でもあります。

 

こういう目でプレイヤーを研究するのも、面白いですよ。

 

DORA麻雀には真の強者が、麻雀打ちが集まっています。

 

もう無料麻雀で称号のみがステータスになる時代は終わるでしょう。

 

これからは、プレイヤー同士でお金が動き、勝ち負けでお金が動く
オンライン賭け麻雀の時代です。

 

震えるような緊張感のある【DORA麻雀】を体験してください。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

管理人 : どらぽん@casinot

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン麻雀の現状と未来

 

 

 

日本のオンラインマージャンでは、雀龍門天鳳丸雀などの
ネット麻雀が先行しているので、会員数もDORA麻雀と比べると
だいぶ多いようです。

 

ネット麻雀は、オンラインで麻雀が打てるという手軽さや
とっつきやすさがユーザーを増やしているようですが、
麻雀のプロ団体は、人気雀士のファンを増やす宣伝としても
オンライン麻雀を普及させようとしているようです。

 

実際に、雀龍門や天鳳、丸雀などでは、有名雀士との模擬対戦が
できたり、そこらじゅうに人気雀士の名前が出ていますね。

 

ですから純粋に、有名雀士を憧れて、「麻雀が強くなりたい」
というプレイヤーもある程度の割合を占めていると思われます。

 

また、オンライン麻雀で練習して(腕を磨いて)雀荘デビューする
というプレイヤーもいるようで、ネット麻雀もいろんな使い方が
あるものだと感じます。

 

雀荘での賭けマージャンが、違法となっているにもかかわらず
現実は、暗黙の了解的に、日常的に行われています。

 

そう考えると、雀荘のほうがよっぽど「怪しい」わけで、
なかなか一見さんが入れる雰囲気ではないでしょう。

 

日本でも、潜在的な麻雀ファンは多いと思われますが、このような
理由から表に出ないプレイヤーがもっといると思われます。

 

オンライン麻雀は、カジノ合法化の世界的な流れに関連して
今後、一段と普及するものと予想されます。

 

ランドカジノ(ラスベガスカジノなどの現実のカジノの呼び名)
が日本でも話題になって、カジノ法案が注目されていたように、
世界中で、オンラインカジノも注目されています。

 

DORA麻雀も大きなくくりで言えば、オンラインカジノ
分類されることになります。

 

ただ、オンラインカジノに代表されるゲームのスロット
ルーレット、とオンライン麻雀はちょっと違います。

 

麻雀は、「ツキ」とか「ヒキ」というある種 運まかせ的な要素も
皆無ではないかもしれませんが、頭を使う「スキルスポーツ」
という意味では、ポーカーなどと似ています。

 

ですから、オンライン麻雀で勝つためには、運やツキだけでなく
実際のスキル(腕前)がものを言います。

 

そういう意味では、将棋や囲碁、チェスなどに近いスキルゲーム
と言えるでしょう。

 

今、スマホの急増で、モバイルゲームにも麻雀が増えています。

 

モバゲーやGREE、ハンゲームなどの各社は、カジノ合法化や
オンラインカジノの認可などを視野にいれてオンライン麻雀を
はじめとするオンラインゲームを開発しているようです。

 

無料オンラインマージャンといわれる各社も、アイテム購入
や仮想通貨を購入するために、会員からお金をとっている
ので、純粋に無料とはいいがたいでしょう。

 

たぶんですが、オンラインマージャンは、今後何らかの形で
賭けマージャンをすることができることを想定しての布石を
打っている状態だと思います。

 

オンラインゲーム各社は、無料プレーを前面に出しつつも
どこにキャッシュポイントを作ろうかを、虎視眈々と
狙っているのは間違いないでしょう。

 

DORA麻雀にしても、会員数が増えて有料プレーをする
プレイヤーが増えることで、場代を増やしたいと考えて
います。

 

DORA麻雀の利益は、場代です。

 

オンラインマージャンで勝って稼ぎたいというプレイヤー
と、DORA麻雀側の利害が一致することで成り立っている
オンラインゲームです。

 

怪しくはありませんので、ぜひ一度やってみてください。

 

因みに私は、DORA麻雀の回し者ではありません。
短なる、1プレイヤーです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

管理人 : どらぽん@casinot