オンライン麻雀の現状と未来

 

 

 

日本のオンラインマージャンでは、雀龍門天鳳丸雀などの
ネット麻雀が先行しているので、会員数もDORA麻雀と比べると
だいぶ多いようです。

 

ネット麻雀は、オンラインで麻雀が打てるという手軽さや
とっつきやすさがユーザーを増やしているようですが、
麻雀のプロ団体は、人気雀士のファンを増やす宣伝としても
オンライン麻雀を普及させようとしているようです。

 

実際に、雀龍門や天鳳、丸雀などでは、有名雀士との模擬対戦が
できたり、そこらじゅうに人気雀士の名前が出ていますね。

 

ですから純粋に、有名雀士を憧れて、「麻雀が強くなりたい」
というプレイヤーもある程度の割合を占めていると思われます。

 

また、オンライン麻雀で練習して(腕を磨いて)雀荘デビューする
というプレイヤーもいるようで、ネット麻雀もいろんな使い方が
あるものだと感じます。

 

雀荘での賭けマージャンが、違法となっているにもかかわらず
現実は、暗黙の了解的に、日常的に行われています。

 

そう考えると、雀荘のほうがよっぽど「怪しい」わけで、
なかなか一見さんが入れる雰囲気ではないでしょう。

 

日本でも、潜在的な麻雀ファンは多いと思われますが、このような
理由から表に出ないプレイヤーがもっといると思われます。

 

オンライン麻雀は、カジノ合法化の世界的な流れに関連して
今後、一段と普及するものと予想されます。

 

ランドカジノ(ラスベガスカジノなどの現実のカジノの呼び名)
が日本でも話題になって、カジノ法案が注目されていたように、
世界中で、オンラインカジノも注目されています。

 

DORA麻雀も大きなくくりで言えば、オンラインカジノ
分類されることになります。

 

ただ、オンラインカジノに代表されるゲームのスロット
ルーレット、とオンライン麻雀はちょっと違います。

 

麻雀は、「ツキ」とか「ヒキ」というある種 運まかせ的な要素も
皆無ではないかもしれませんが、頭を使う「スキルスポーツ」
という意味では、ポーカーなどと似ています。

 

ですから、オンライン麻雀で勝つためには、運やツキだけでなく
実際のスキル(腕前)がものを言います。

 

そういう意味では、将棋や囲碁、チェスなどに近いスキルゲーム
と言えるでしょう。

 

今、スマホの急増で、モバイルゲームにも麻雀が増えています。

 

モバゲーやGREE、ハンゲームなどの各社は、カジノ合法化や
オンラインカジノの認可などを視野にいれてオンライン麻雀を
はじめとするオンラインゲームを開発しているようです。

 

無料オンラインマージャンといわれる各社も、アイテム購入
や仮想通貨を購入するために、会員からお金をとっている
ので、純粋に無料とはいいがたいでしょう。

 

たぶんですが、オンラインマージャンは、今後何らかの形で
賭けマージャンをすることができることを想定しての布石を
打っている状態だと思います。

 

オンラインゲーム各社は、無料プレーを前面に出しつつも
どこにキャッシュポイントを作ろうかを、虎視眈々と
狙っているのは間違いないでしょう。

 

DORA麻雀にしても、会員数が増えて有料プレーをする
プレイヤーが増えることで、場代を増やしたいと考えて
います。

 

DORA麻雀の利益は、場代です。

 

オンラインマージャンで勝って稼ぎたいというプレイヤー
と、DORA麻雀側の利害が一致することで成り立っている
オンラインゲームです。

 

怪しくはありませんので、ぜひ一度やってみてください。

 

因みに私は、DORA麻雀の回し者ではありません。
短なる、1プレイヤーです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

管理人 : どらぽん@casinot